野菜の育て方 虫対策グッズ!

どうも! ヒロシです!

今日は、初心者でも野菜を守れるグッズの紹介をしていこうと思います。

どんな虫が、トマト、キュウリ、ナス等の野菜につくのか。というところから紹介します。それは、ハエ、アブラムシあたりが厄介ではないかと思います。

農薬や、薬を、使うのは、抵抗がある為、ある程度、弱点を知って、限りなく自然なもので、対策をするのがいいと思います。

それぞれの分析をしていきます。

コバエや、大きなハエを連想します、ハエの中に、ハモグリバエというのがいます、このハエは、幼虫の時に葉の中に住んでいるので、厄介です。葉の中だと、薬が効かないです。見つけ次第、手でつぶすしかありません。しかし、成虫のハエには、薬剤散布が効きます。

実はハエは、お酢が嫌いな虫となります、その為、酢を水と割って、かけましょう。

でも、水と割らなくでも、すでにスプレーとなったものがありますので、そちらを使うと効果的で、手間いらずです。

アブラムシについて、アブラムシの天敵はてんとう虫となります。アブラムシがいるとテントウムシが寄ってきて、草木にいい影響を与えれると考えることもできますが、アブラムシは、キュウリモザイクウイルスといった伝染病も媒介するため、増えすぎることを抑える必要があります為、駆除する必要があります。

アブラムシの苦手なものは、「お酢」です。先ほどの、ハエと同じです。その為、同じくお酢スプレーを吹きかけてしまいましょう。

そこで心配なのは、野菜にかかっても、問題ないのか。

問題ありません。

なんと、このスプレーは、収穫の前日まで使用しても問題ないように作られております。お酢なので、問題ないはずです。

殺虫剤だと、心配なことは多いですが、自然の素材なので、いいと思います。

是非、虫対策にいかかでしょうか、それでは!

殺虫剤だと、果物食べるのが怖いけど、食べ物から作られているスプレーだと、罪悪感も、心配もなくなりますね!

ナスが実をつけました(祝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です